おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超富裕層、不況でも宇宙旅行
超富裕層、不況でも宇宙旅行への情熱は冷めず

[ダボス(スイス) 28日 ロイター] 世界で初めての商業用宇宙飛行会社によると、景況悪化の中でも、極めて裕福な人々の宇宙旅行への情熱は冷めていないという。

 スイスのスキーリゾート、ダボスで開催されている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の会場で、スペース・アドベンチャーズの経営責任者、エリック・アンダーソン氏がロイターの取材に答えて「ビジネスは順調だ」と語った。

 米国企業のスペース・アドベンチャーズは、国際宇宙ステーションへ向かうロシアのロケットに搭乗するツアーを計約1億7500万ドル(約157億6800万円)で販売。3月にはハンガリーのコンピューター・ソフトウエア会社の経営者、チャールズ・シモニ氏が2度目の宇宙旅行に行く予定となっている。

 3500万ドル相当のシモニ氏の宇宙旅行は、スペース・アドベンチャーズが手配する7例目となる。

 これまで、複数の顧客が将来の宇宙旅行のために手付金を支払っており、インターネット検索大手の米グーグルの共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏もその一人だという。

 宇宙ステーションへの標準的な旅費は、3500万ドルから4500万ドル。1000万ドルを追加で支払えば、宇宙遊泳する最初の民間人になる機会も得られる。


世界びっくりニュースより引用です。


こういった富裕層は、どこまで強欲で自己中心なんでしょうね。

こんな時くらい、どこかに寄付するとかしてくれれば良いんですよ。

そうすれば、世界的な不況も上向きになって行くと思うし、

好景気になったら、また儲ければ良いじゃないですかね。

タマには、ボランティアしろよ!

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。