おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AKB48卒業翌日に社長になった川崎希さん(後篇)
こんにちは、ありがとうございます


 AKB48の1期生としてオープニングステージにも立った川崎希さん(23)。現在はAKBを卒業、社長として自らのアパレルブランドを設立しもうすぐ2年に。そして将来の夢を「株式上場できれば」と語った。◆AKB引退~転身まではコチラ◆


■中国から届いた一通の手紙

 川崎さんの自宅に一通の手紙が届いた。

 手紙の内容は、中国の工場が倒産したというものだった。支払いは商品の納入後ということがせめてもの救いだったか。しかし、この時点で売る物が何もない。早くも開店閉業状態に陥ってしまった。

 「その時は、落ち込みましたよ~。でも、なんか、突然、ネイルサロンが思い浮かんだんですよね。それが3月31日で、占いを見ると『人生にとって大事なひらめきがある日』って書いてあったんですよ。でも、いまだに何でネイルサロンなのか、わからないんですけどね」

 その日の夜のうちに物件を自分でリストアップしていき、翌日には内覧に行って、もう決めてしまった。不景気ということの助けもあったのか、立地も良くて価格も手ごろな物件が意外にもたくさんあったのだ。

 JR渋谷駅の徒歩すぐ近くのところに決めた。「改装したてで入居していない状態だったんですよ。もちろん家賃も下げてもらいましたよ」と話す。川崎さんの基準で、いい物件というのは「迷いなく、ここだと思える」ものだそうだ。

■ネット時代の店舗の役割

 ネイルサロン「MARON」も開店し、メンズブランドのANTIMINSS(アンティミンス)も店舗を構えることにした。こちらもJR渋谷駅に近い好立地だった。

 しかし、資金があまりないために、計2店舗目を持つことは勇気が必要だったのではないだろうか。川崎さんは「絶対に借入だけはしたくないし、それに、貸してくれるはずもないですしね」と笑った。

 「家賃のほかに、人件費もかかっちゃいますし、売上もネットの方が断然いいんですけど、実際に手にとって見てもらえる場所っていうのが大事です。わたしは、高い広告費を掛けてまで広告を出すよりも店を置く方が、メリットがあるように思います」

 服好きな人、外国人、さらにはAKB時代のファンをはじめ様々な人が来店するのだという。ネットと実店舗が、互いに相乗効果を上げていることを実感。ネット時代だからこそ、リアルの店舗を持つ魅力は十分に感じているのだという。

 そうしているうちに、従業員も15人にまで増えていた。

■仕事と芸能は「7:3」

 今年はネイルサロンを拡大する。すでに、具体的な計画は進んでいる。現在オープンしている店舗のすぐ近くに2倍の広さのテナントを借りて、規模を倍にするのだ。

 「今後は別の場所に、2店舗目、3店舗目と出していきたいと考えています。それは、これから任せてもいいと思うような人材が育ってから考えればいいのかなって思います。だから、まずは大きさを2倍にすることを優先しました」

 川崎さんは現在、芸能活動と社長業を兼ねている。力の割合は「社長:芸能=7:3」だというように、会社の仕事をする時間を最大限に取るようにしている。

 そのため、芸能の仕事が終わった後、深夜・未明になっても店舗に駆けつけ、ディスプレイを直したりすることもあるのだという。遊びに行く時間は今のところ、まったくないそうだ。

 今年の目標は、高校生時代から購入を夢見た「ランボルギーニを買う」ことを目標としている。立ち止まっている場合ではないのだ。

 また、10年後には、株式上場も実現できれば言うことはない。

■AKB48とは

 先日行われた「AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011」。これは100曲を4日間で歌い切るという、AKBにとっては毎年恒例の一大イベントだが、川崎さんも卒業後は毎年出演している。

 もちろん、同窓会などではなく、現役メンバーたちと同じステージに立つからには、リハーサルも入念に行う。「サロンにはメンバーがよく来てくれます。あまり変わってないって感じですね」ということもあるが、久々に昔の仲間とのステージでも、すぐに息もピッタリ。初ステージから約3年間駆け抜けてきたAKBを「人生の中で一番、印象に残っている時間」と振り返る。

 だが、後戻りはせずに社長の道を選んだ。「損しても自己資金の40万円ですし、やらないともっと後悔すると思って…。お金がなくなっても、失敗しても、決してマイナスにはならないですから」と後悔する様子はない。

 そして、10年後自分はどうなっているか?とたずねたら「株式上場できれば」と答えた川崎さん。将来はAKB卒業生で最もBIGな人物になっているのかもしれない。◆AKB引退~転身まではコチラ◆


■YUCASEE(ゆかしメディア)で人気の記事
1.au社員「iPhone買う人の気持ち解せない」
2.ジョブズ氏の衝撃写真「余命わずか」の声も
3.CBS美人記者がエジプトで暴力を受ける
4.中野美奈子アナはなぜ医師と結婚したか?
5.こう見えても年収は億越えデス


YUCASEE(ゆかしメディア)の記事をもっと読みたい方はコチラ


http://news.livedoor.com/article/detail/5351896/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tyutyusuzuさん

【AKB48 桜の木になろう 指原莉乃の足】
こんにちは!

AKB48の〝桜の木になろう〟を見てて思ったんですが、

指原莉乃さんの足が開いているのが目についたんですが・・・。

10年桜のように、なにか深い意味があるんですか?

それとも、ただのミスですか?

どなたか知ってる方回答お願いします。

↓ちなみにコレです↓

http://www.youtube.com/watch?v=Rc17lLItpZQ



(カテゴリ違ったらすいません;;)




ベストアンサーに選ばれた回答

oim3ua4kさん

自分はクセではないと思う。監督の意図的な何かメッセージがあると思う。「桜の木の真下にいる」指原が足を目だたせている・・・なにか、足に関するストーリーが裏にありそうな・・・

麻里子、板野も他のメンバーとは違う置き方をしているので、やはりそうかと・・・

自分は板野・麻里子のキャラを尊重して違う、足の置き方をしているというのは浅はかかなと思います。ましてや、指原は人気絶頂とは言え、akbのシングルで癖だからしょうがない・・・とはならないと思う。そうだとしたら、制作者やり過ぎ、遊びすぎだと思う。

akbは桜ソングが意味深なように、何か背景にあると思う。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455491904
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


AKB新ユニット初登場1位に北原里英「これは・・嬉しい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110217-00000100-scn-ent


ありがとうございました。


禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 

黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット



masakari
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。