おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長寿番組「徹子の部屋」
私ももう半世紀以上テレビを見続けて来ました。

白黒の画面の時代から、この人が登場していましたね。

「徹子の部屋」35年目、目標は100歳まで

 テレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」(月~金曜後1・20)が放送35年目を迎え、司会の黒柳徹子(76)が25日、東京・六本木の同局スタジオで会見した。

 この日は、35年目の記念日となる2月2日放送分をお笑いコンビ、次長課長と一緒に収録。河本準一(34)を進行役に据え、自身のエピソードを披露した黒柳は「ゲストって楽」とゴキゲン。「徹子-」が始まった1976年2月2日に誕生した相方、井上聡(33)に対し、「あなたがオムツして、漫才をやってた時も私は病気もせずにこの番組をやってこれたのよ」と笑顔。

 今後の目標について「希望は100歳まで現役で続けること。まだゲストに遠慮しているけど、100歳になったらバリバリです」とあくなき姿勢を見せた。河本は「背中の電池を替えたら、徹子さんは50年先も続けられますよ」と突っ込んで笑わせた。



黒柳徹子さんで覚えているNHKの番組は、
子供番組の「ブーフーウー」です。

3匹の子豚が登場する人形劇ですが、
あの頃は、黒柳さんはお姉さんと言う設定でしたね。(^ー^)ノ

他にも、じゅうたんに乗って街の上空を飛び回るシーンが目玉の番組。
アブラ カタブラ~、の掛け声が耳に残っています。

これからも末永く、テレビでお会いしましょう。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。