おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交通事故で死んだはずの男が、葬儀に現れた!
まるでホラー映画のようですね。

交通事故で死んだはずの男が、葬儀に現れた!

[ブラジル・リオデジャネイロ 4日 AP] 交通事故で死んだはずのレンガ職人の男性が、自分の葬儀に姿を現し、家族を仰天させた。

この男性はアデミル・ホルヘ・ゴンサルベスさん(59)。警察によると1日夜、ブラジル南部のパラナ州で起きた交通事故で男性が死亡、ゴンザルベスさんの親族・友人が遺体の身元確認を行った。

ブラジルでは一般に、葬儀は死の翌日に行われる。ゴンサルベスさんの葬儀の日は、ブラジルではフィナードス(死者の日)という休日で、ブラジル人は故人を偲んで墓参りをする。

事故のあった夜、ゴンサルベスさんは、トラック運転手専門の飲食店で友達と、サトウキビの蒸留酒「カシャーサ」を飲んでいた。そして翌日朝、自分の葬儀が行われるまで、自分が死んだことになってるとは知らなかったのだ。

自分の葬儀が行われると知ったゴンサルベスさんは、あわてて葬儀が行われている場所に飛んで行った。

警察広報は「遺体は損傷が激しく、ゴンサルベスさんとよく似た服を着ていました。身元確認のときに無残な遺体を長く見ることができない人もいるのです。今回のケースもそうだったのでしょう」と語った。

遺体の本当の身元は2日夜に判明し、すでに埋葬されたそうだ。身元は明らかにされていない。



世界びっくりニュースより

なんとも大雑把な話しではありますが、
参列した人々は、ギョッとなったでしょうね。

落語にも、行倒れになったなった男を本人が引き取るというのがありますが、
なんだか似ているようで、おかしかったです。

テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。