おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火災から飼い主家族を救った犬
これぞ忠犬のかがみ!

火災から飼い主家族を救った犬

[米メリーランド州ベルツビル 13日 AP] プリンス・ジョージズ郡の消防局関係者によると、ベルツビルで12日午前6時ごろ民家で火災が起きたが、飼い犬が火災に気がつき激しく吠え立てたため、住人が無事に避難することができたという。

消防局広報によると、この犬はドーベルマンの「モンスター」。火災発生時、家の外にいた。モンスターは盛んに吠え立て、裏のスライディングドアに繰り返し体当たりした。その物音で住人は目を覚まし、その直後に火災報知器が作動した。家は2階建てで、大人3人、子供5人の1家族が住んでいたが、全員無事に避難できた。

30人の消防隊員が消火に当たり、火災は20分後に鎮火した。消防隊員1人が火傷を負い、地元の病院で手当てを受けた。

火災による被害は25万ドル(約2200万円)ほどだという。



世界びっくりニュースより

犬にその意思があったかどうかは、定かではありませんが、
とにかく、火事に気がついて騒ぎまわったことは確かであって、
そのせいで、飼い主の命が助かった事実があるわけですよね。

飼い主にとっては、九死に一生を得たことになって、
それまで以上に、この犬を大事にするでしょうね。

また、そうでなくては。

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。