おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AKB柏木由紀、新生チームB“番長”宣言 こじはるは脱力キャラ返上
ご訪問ありがとうございます。


写真拡大
島崎遥香の脇を柏木由紀(左から2人目)、小嶋陽菜(右端)の人気メンバーが固める新生チームB (C)AKS 新体制をスタートさせたAKB48の新生チームBが3日、東京・秋葉原AKB48劇場で初公演を行った。2007年4月にチームB発足以来、唯一の生え抜きメンバーとなった前キャプテン・柏木由紀(21)は「チームB の番長? 番人? として、チームB らしさを引き継いでいって、新しいフレッシュな私を見せていければいいなと思います」と意気込んだ。

脱力キャラ返上で根性を見せたこじはるら公演写真

 チームK、チームAに続き、初公演を迎えた新生チームBは、代名詞ともいえる楽曲「初日」でおなじみの円陣で幕開け。「君のことが好きだから」、人気曲「夕陽を見ているか?」、兼任の渡辺美優紀(19)が所属するNMB48の「ナギイチ」など王道アイドル路線のBらしさを踏襲した演目を中心に、全18曲を披露した。

 3つのチームで唯一、初所属のチームのキャプテンに就任した梅田彩佳(23)は「今日の意気込みは成功させること、それだけです」と気合十分。前所属のチーム4が解体となった島崎遥香(18)も「このステージに立っていられることの意味をしっかり考えて、皆さんに伝えられたら」と話し、次世代エース候補の自覚をみせた。

 また、2005年12月の劇場公演デビュー以来、初めてチームを移った小嶋陽菜(24)は「チームB のイメージが“可愛らしく”なので、今日はツインテールにしようと思ったんですが、アクシデントが起きまして…。親知らずを抜いて、顔がめっちゃ腫れているんですよ」と右頬を押さえて苦笑い。「本当は安静にしなくちゃいけないみたいなんですが、初日なのでそんなことは言ってられない!」と脱力キャラ返上のド根性で笑顔を振りまいていた。

■チームB「ウェイティング公演」初日出演者
 石田安奈、石田晴香、市川美織、岩佐美咲、梅田彩佳、大場美奈、柏木由紀、片山陽加、加藤玲奈、小嶋陽菜、島崎遥香、竹内美宥、藤江れいな、峯岸みなみ、山内鈴蘭、渡辺美優紀すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
【インタビュー】こじはる、峯岸ら新体制への意気込み語る(12年10月31日)AKB、新チームB新曲はゆきりん&ぱるるWセンター! (12年10月28日)AKBも新体制スタート…大島優子、新生チームK公演初日に号泣(12年11月02日)li.twitter iframe.twitter-share-button { width:100px!important;}button { display:block; }コメント0ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");


http://news.livedoor.com/article/detail/7108458/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








wintertoritonさん

AKB48,SKE48、NMB48,あいかわらず雑誌に出まくっていますが、どの雑誌を見てもありきたりなインタビューで飽きてきました(多少変わった質問があるのはBUBKAくらいか)。
ヲタの皆さんが知っている、あるいは体験した、「ここだけの話」的なエピソードはありますか? あれば教えてください。
別に悪い意味ではなく、ちょっと変わった小話、的なものでも結構。
メンバーとのからみでなく、ヲタの皆さんにまつわる話も歓迎です。




ベストアンサーに選ばれた回答


kita_minammiさん


前田敦子を推していたときのエピソードです。
私は、昔からファンでしたが、彼女が有名になるにしたがって握手会に参加するのをやめました。
私が推す気持ちは会えなくても変わらないし、今話題のAKB48の前田敦子に会いにきたファンがどんどん増え、あっちゃんの負担が増えるだろうと感じたため、基本的には行かないことにしていました。

例外は、選挙のときで、安心させるために、この位投票したよ!まだファンをやめてないよ!と顔を見せに行っていました。プレッシャーにならないように、なるべく空いてる時間に複数出し1回で終わらせました。

言葉だけじゃ伝わらないと思ったので、投票に使った後の紙を並べたり積み重ねたものを写真に撮ってきて見せたり、なるべく具体的な数字で報告してました。(もちろん、私1人で投票したのではなく、知人のあつオタで協力して投票したことも含め)
もし、スポンサーや自社買いがあるなら、私達オタの票なんてたかが知れていましたが、それでも複数人が本気でやっているため、けっこうな票数だったので、少しでも気持ちを楽にして欲しいと思ってました。

努力の甲斐あって、初めての選挙は勝ちましたが、2010年の総選挙では、大島優子に負けてしまいました。
でも、不動のセンターのあっちゃんがこの結果をそこまで気にしているとは思っていませんでした。

そして、2011年の総選挙の前。私はいつも通り、敦子推し仲間を代表して、握手に行ってきました。
あっちゃんに、いつも通り、戦況を報告し励ますと、あっちゃんの様子がいつもと違いました。

私の目をじっと見て、『本当にありがとうございます。・・・よろしくお願いします。』と深く頭を下げたのです。

あまりに驚いて、声をかけようとしたのですが、その前に剥がされてしまいました。
もちろん、その後、逆転1位に返り咲くわけなのですが、あの日の前田敦子を忘れられません。

一体、何人に頭を下げたのでしょうか。
私達のような古参やお金を落とせるオタに?それとも、投票した人皆に?
顔を覚えているオタに?
それとも、私に?
たまたま、心細かっただけでしょうか。

何にせよ、トップアイドルが、私にどんな気持ちで頭を下げたのか。
それを想うと、涙がでます。

その年の選挙で、返り咲くまでの前田敦子の尋常ではない様子からも察することができますが、とんでもないプレッシャーと覚悟だったに違いありません。
今年の辞退も、仕方ないことだったのでしょう。

私は、前田敦子の震えるような声と、あの泣きそうな笑顔、真剣な瞳が忘れられません。

アンチもたくさんいると思いますが、自分の人気やアイドルとしての商品価値を数字で突きつけられることが、どんなに人を追い詰めるのかを考えると、私は前田敦子を嫌いになれません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496322679
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


AKB柏木由紀、新生チームB“番長”宣言 こじはるは脱力キャラ返上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121102-00000309-oric-ent


最後までありがとうございました。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。