おいで皆さん聞いとくれ♪
ネットで拾った情報を発信。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人
デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人

「笑顔を検出し、シャッターが押せる」というしくみ「スマイルシャッター機能」を搭載したカメラが近年、登場している。

カメラもずいぶん賢く便利になったものだと感心してしまうが、実際、使い手のほうが順応できないというケースもままある。

先日、知人から聞いたのは、こんな話だ。
「パート先の50代のおばちゃんが、最新式のデジカメを購入したの。おばちゃん、カメラのことが全然わからないから、いちばん良いデジカメを店員さんに聞いたところ、『笑顔認識』のできるカメラをすすめられたそうで。50~60代のおばちゃんグループで撮影しようということになったんだけど、何度やってもシャッターが押せないんだって。ちゃんと目をあけてるのに『目を開いてください』みたいなメッセージが出ちゃうんだって(笑)。『これでも目をあけてるのに』って嘆いてたよ」

最新のデジタル機器は、ちゃんと使いこなせる人が使ってこそ意味があるものであって、単に「いちばん高いもの」「いちばん売れてるもの」というだけで買うと、無用の長物になってしまうことが多いのは、デジカメに限った話ではない。
当然、このデジカメも、「正しく使えば」シャッターが切れないなんてことはないわけだけど、それにしても……。おばちゃんたち数人がいて、シャッターが押せない状態って、どうしてなんだろう。

「笑顔」をつくるときのポイントというと、一般的には「口角を上げる」などが挙げられるけど……。
ソニーのお客様相談室に聞いてみると。
「機種にもよりますが、『目をあけてください』などのメッセージが出る場合は、『目つぶり軽減』という機能がオートで入っているのだと思います。これは、目をとじている画像しかとれていない場合、それが記録されないようにする機能です」
最新の「スマイルシャッター」の場合、子どもと大人を判別する機能があったり、年配の方の笑顔が認識できないというわけではない。また、笑顔レベルを自分で設定することもできるそうだが、何も自分で操作していないおばちゃんの場合、ごく一般的基準から「目を開けているのに、『開けてない』ととらえられる事態」になってしまっていたよう。

「目つぶり」以外にも、なかなか「笑顔」が検出されず、シャッターが押せないケースはあるそうだが、そうした場合、どうしたら?
「どのくらいでシャッターが切れるかを試す『スマイルデモモード』というのがあり、おそらくそれがオンになっているため、笑顔が検出できず、シャッターが切れないのだと思います。『オート撮影』を選ぶと、シャッターが切れると思いますよ」

では、「笑顔検出」されない人が改善すべきポイントって?
「まず前の毛が顔にかからないようにすること。カメラに対して正面を向くこと。口をあけて、歯を見せるのも、検出されやすいと思います」

結局、おばちゃんは操作がよくわからず、なんとか笑顔を検出してもらうために、目を大きく見開いたりして、頑張って写真を撮ったそうだ。


世界ビックリニュースのコネタより


便利そうで、不便なものなんですね。

あれこれ機械に頼っても、人間がそれに追いついていないということですか?

それとも、機械に人間が合わせろってんじゃないでしょうね。


テーマ:本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 おいで皆さん聞いとくれ♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。